〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-17-6-1F
  • 特大
  • 大
  • 標準

犬の歯みがきについて

歯磨きは愛犬の寿命を延ばす!!

正しい歯磨きをしていないと・・・

正しい歯磨きをしないで細菌の固まりの歯垢(歯石)だらけになるとこんな怖いことに・・・
「うちの子は大丈夫」 だと思っていませんか?
歯垢はそのままにしておくとたった2~3日で硬い歯石になってしまうのです。
歯垢は細菌の固まりです。 その細菌が歯肉と歯の溝などから侵入すると、、、、
こ、こんなことに・・・

恐怖その1 歯周病

細菌により歯肉に炎症がおこります。そして歯周ポケットができ、さらにそのポケット内に歯垢や歯石がたまりポケット内が細菌だらけになると以下の症状が・・・

① 歯肉が赤くなる
② 口が臭い
③ 歯肉から出血
④ 歯がぐらぐらする
⑤ 歯が長くなったように見える

思い当たる症状はありませんか?

恐怖その2 鼻腔炎 の併発

上顎の歯の骨のすぐ上には鼻腔があるので、歯の根元まで侵入した細菌が鼻腔に穴をあけてしまい鼻腔炎が発症! 以下の症状が・・・

① くしゃみ
② 鼻水
③ 鼻出血 (鼻血)

花粉症じゃないですよ!まさか歯石が原因とは・・・

恐怖その3 眼の下に穴があく

眼の下に位置する歯から侵入した細菌が歯の骨を溶かし炎症が進むと眼の下まで炎症が達します。
そして、細菌による感染により頬に膿ができ、膨らみ、悪化すると破裂し穴があいてしまいます!

実はスタッフの愛犬も経験済み・・・
間違った歯磨きをしていたら・・・

恐怖その4 全身疾患 に関わる

歯垢(歯石)の細菌が血液に入り込み本来、無菌の血液中に細菌が存在し始める。
そして、、、

心臓 ・ 肺 ・ 肝臓 ・ 腎臓 にも影響が・・・

歯石が積み重なったまま歳月を重ねると・・・
老犬になった頃に症状が出始めることが多くなります。

恐怖その5 アゴが骨折!?

下あごの歯から侵入した細菌が顎の骨を溶かしてもろくします。
少しの衝撃で骨折しやすくなります。
ご飯を食べなくなったり、食べるのが遅くなったりします。


このように歯みがきをしないで歯石を貯めてしまうと口臭だけの問題ではなくなります!!

~犬の歯磨き知識問題~

それではここでみなさんに犬の歯磨きについて問題を出します。あなたは何問正解できますか?○×でお答え下さい。

問題1.

歯磨きシートは犬が嫌がりにくいので犬の歯磨きには適している。

問題2.

歯磨き効果のあるガムを日常的に与えていたもうが無理なく歯磨きができる。

問題3.

歯ブラシで歯磨きをする場合、歯ブラシは犬用のヘッドが小さいものが適している。
人間の子供用もヘッドが小さいので良い。

問題4.

歯の見た目がきれいなら全く問題がない。

問題5.

犬の歯磨きの一番の目的は虫歯予防。

問題6.

歯石は付いたら取ればいいので歯磨きは週1回程度で十分だ。

問題7.

歯石取りは歯石除去の知識があり、除去法を理解している人であれば誰にやってもらっても良いし、誰がやっても良い。

問題8.

犬を横に寝かせないと上手く歯磨きはできない。

問題9.

犬専用の歯磨きペーストであればどのペーストでもとにかく使用して磨いたほうが歯磨きの効果が上がる。

問題10.

硬い歯石が取れるようにある程度強い力で歯磨きしたほうが良い。

問題11.

歯に触接塗布したり、水に入れたりなどして家でも手軽に歯石除去できる商品は活用したほうが良い。

問題12.

歯磨きして歯肉から出血がみられる場合はどんな磨きかたでも絶対にその後は歯磨きしないようにする。


歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真
歯磨き写真